株式会社 セムテック エンジニアリング SEMTECH ENGNEERING Co.Ltd

ホーム 組織概要 加工事例 お問合せ
ホーム 組織概要 製品紹介 加工事例 お問合せ

高耐久性 高精度 高開口率


          アスペクト比 10以上、穴径 φ5μm、シート厚さ 50μm、硬度 HV600 の頑強な
            スーパーマイクロシーブを開発しました。
          シート外径が小さい場合サポートメッシュは不要です。
          目詰まり除去の際、28/45 kHz 500 W の強力超音波洗浄にも
            ビクともしません。(シート厚さ 50μmの場合)       


 粒径10μm以下の微粒子を高精度で分級する場合、電成ふるいを用いられることが多く、アスペクト比が  小さい従来構造では穴径が小さくなると共にシート自体も薄くなっていました。

 セムテック エンジニアリングのスーパーマイクロシーブは高アスペクト比の電成ふるいを実現し、常に
 最高品質を追求されているお客様に重要な装置部品として多数ご利用頂いております。






  展示会におけるデモ風景

    穴径φ10μm、厚さ50μmのスーパーマイクロシーブ上に高さ7センチからボールペンの     先端を落下。無数の凹みは発生していますが、穴の破壊箇所はゼロです。
  更に過酷な破壊テスト

    マイナスドライバーの先端を落下。
    凹みは見られますが破れた形跡は
    ありません。

  使用中の目詰まりの状態

    目開き5μm角穴
    (黒い×部分はサポートメッシュ)
  従来構造(当社)の超音波による破損状態

    アスペクト比が小さい断面構造の場合穴径が小さくなるとシート自体も薄くなり、     引っ張り強度が著しく低下します。従って、使用中や超音波洗浄中に破損が
    生じるリスクが大きく、写真の様に、紙の様に破断が起きる可能性もあります。

高精度へ≫         高開口率へ≫≫         ホーム
Copyright (C) 2008 Semtech Engineering, Ltd.